RSS | ATOM | SEARCH
ヨン師範のテコンドー講座 基本編「ビッグミットの持ち方」

ビッグミットの持ち方のご紹介です。

 

左右とも外側から内側に向って手を入れ、

上にあるグリップを両手でしっかり握ります。

 

【悪い例】

脇が開いていて、ビッグミットの下の方がおなかから離れていると

蹴りが当たったときの衝撃で、手元があごや顔にぶつかってしまい危険です。

 

【良い例】

脇を閉め、ビッグミットの下の方をおなにつけて安定させます。

重心を前にかけて蹴りが当たる瞬間、体を少し押し出します。

author:yotuba-mameko, category:テコンドー講座, 09:00
comments(0), -, - -
Comment